右手にペンラ 左にうちわ

東京ドームのステージに立つ自担が好き

【ほぼ武器?】KAT-TUNの歴代ペンライトを並べてみた話






※当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

KAT-TUN歴代ペンライト


 KAT-TUNデビュー17周年おめでとう!!!!!!

 

 そんなおめでたい日に、ついに中丸くんが個人のインスタグラムを開設しました!

 

 これでKAT-TUN全員のインスタが出そろったぜ!だけにとどまらず、中丸くんは個人でTwitterまで開設。

 しかも「ツイッター始めました。いや、始めてはいました」と2010年10月からアカウントを持っていたことを明かしてくれました。

 

 以前に番組で中丸くんがお部屋紹介をした際に映っていたパソコンのデスクトップにTwitterのアカウントがあったこと。

 SNSでオタクの観察をしてなきゃかけないであろうKAT-TUNあるあるをまとめた曲を作っていること。

 

 中丸くんがSNSの使い手であろうことは暗黙の了解みたいなところではありましたが、改めて2010年10月って言われるとさすが中丸くん……てなりますね。

 


 中丸くんが作詞したKAT-TUNあるあるをまとめた曲が「We are KAT-TUN」です。

 

 ハイフン*1なら思わず頷いてしまうKAT-TUNあるあるが存分につまった曲ですが、中でもオタクの多くが笑ったであろう部分が、

 ペンライトがほぼ武器 空港検査ひっかかるです。

 

 ということで、17周年のお祝いも兼ねて手元にあるKAT-TUNの歴代ペンライトを並べてみました!

 

 果たして、KAT-TUNのペンライトは本当にほぼ武器なのか?

 

※※保管方法が雑なため、台紙が折れ曲がってたりしますがご容赦ください※※

 

 

KAT-TUN歴代ペンライト

 

Tour 2007 cartoon KAT-TUN Ⅱ You

cartoon KAT-TUN Ⅱ You ペンライト

 

 初めてのKAT-TUNオリジナルペンライト。

 ツアーマスコットだったブルドックがモチーフになっています。

 開演前にモニターに登場しコンサートマナーとかを紹介していたブルドック君。いま考えると番犬?(笑)

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES

QUEEN OF PIRATES ペンライト

 

 記念すべき初武器。歴史はここから始まりました。

 海賊がテーマのコンサートだったため、のペンライト。

 まぁまぁの持ちにくさです(笑)

 

 

KAT-TUN Break the Records

Break the Records ペンライト

 

 伝説の東京ドーム8日間連続公演を含む東京ドーム10days・京セラドーム3days。

 当初は東京ドーム7日公演の予定だったため、曜日≒惑星がモチーフになっていました。
 ペンライトも惑星仕様だと思われます。

 座席のシールの有無によりペンライトを点ける人・点けない人に分かれて文字を作る演出があった思い出。

 

 

 

KAT-TUN WORLD TOUR 2010 NO MORE PAIИ

NO MORE PAIИ ペンライト

 

 モチーフは王冠。

 色々あったツアーなので記憶がほとんどあまりありません(笑)

 

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2012 Chain

Chain ペンライト

 

 繋がりを鎖で表すところにKAT-TUNらしさが出ていたツアー。

 KAT-TUNにしては珍しい可愛い系のペンライトですね。

 Chainのショッピングバッグは使い勝手が良くてその後のライブ会場でもよく見かけます。ちなみにバッグは黒と白の2色展開でしたが見かけるのはほぼ黒。ファンはタレントに似る(笑)

 

 

 

COUNTDOWN LIVE 2013 KAT-TUN

 

 4人になることが発表されてから間もなく行われた初めての単独カウントダウンライブ。

 どこを探してもこのペンライトだけ見つかりません。

 グッズリストを見たら「オリジナルミニペンライト」とだけ書いてありました。ミニってなんだ。

 たしか"KAT-TUN"の文字と歴代ツアーのロゴが入ったやつだったような…。

 お持ちの方がいたらぜひ画像を提供してください。よろしくお願いします!

 

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2014 come Here

come Here ペンライト

 

 come Hereになぞらえて点灯させると手招きしてるように見えるオシャレなペンライト。

 小ぶりなので戦闘には不向きですね(笑)

 

 

 

KAT-TUN LIVE 2015 quarter in TOKYO DOME

quarter リングライト

 

 当時4人だったため「4分の1」をテーマに作られたコンサート。

 3月に9周年を迎えたあとのコンサートだったので9コン(≒求婚)とも呼ばれていました。

 KAT-TUN唯一のリングライトで、亀梨くんも「俺らからの婚約指輪」とか言ってました。確か。

 サイズがゆるゆるなため抜けないように拳を握りしめていた思い出があります。

 婚約指輪なんていうと一見甘々だけど、拳を突き上げて戦えというメッセージだったのかもしれない。

 

 

 

KAT-TUN 10TH ANNIVERSARY LIVE TOUR "10Ks!"

10Ks! ペンライト

 

 剣ぶりの武器ともいえるペンラ。

 10周年の記念ライブということでKAT-TUN3人とファンだけの空間の中で、互いに銃を向けあう瞬間が最高でした。

 ペンライトで真っ赤に染まる客席が印象的なコンサート。KAT-TUNという船の航海は血の涙みたいな荒波を何度も超えてきたんだよなぁ。

 

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 UNION

UNION ペンライト

 

 充電期間明け最初のライブということで3本の矢がモチーフになっています。

 それぞれのメンバーカラーに光る3本の矢と、それを束ねるハイフン。

 再始動にふさわしいメッセージ性だけど、それをペンライトにしちゃうところがさすがです。

 

 ライブの後も楽しめるようにと飾る用のスタンドもセットで販売してくれました。

 色々な思いが込められてるのは分かるんだけど、それなりに大きいしめちゃくちゃ持ちにくい。

 

 銃の次は弓矢かよwwとファンが思う中、客席を見た亀梨くん「こっちから見ると雪みたいで綺麗だよ

 ……文句言ってすみませんでした!!!

 

 

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2018 CAST

CAST ペンライト

 

 銃、弓矢と続いたことで、特に武器を意識してなさそうなペンライトもそれに見えてくる。

 鈍器と呼ばれたCASTのペンラ。

 本当のコンセプトが思い出せないんですけど、なんでしたっけ?

 

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2019 IGNITE

IGNITE ペンライト

 

 「We are KAT-TUN」=ウィアカツが発表され、ペンライトがほぼ武器という名言が爆誕した記念すべき年です。

 ペンライトのデザインが判明した当初、これは武器なのか?とオタクは戸惑いました。

 すると、ライブのウィアカツの映像でKAT-TUN側から「ダイナマイト」だと紹介されました(笑)

 IGNITE=発火するにかけてるんだと思います。

 

 ちなみに、ウィアカツで歌われたKAT-TUNあるあるのひとつに「ライブのご登場は上から出がちで」とあるのに、このツアーでKAT-TUNは下から登場しました

 ツンデレかよ!!!

 

 

15TH ANNIVERSARY LIVE KAT-TUN

15TH ANNIVERSARY ペンライト

 

 5周年も10周年も楽しいだけでは祝えなかったKAT-TUN。初めて純粋におめでとう!というハッピーな気持ちだけで迎えることが出来た記念すべき周年ライブ。

 そんなペンライトはめちゃくちゃ持ちにくい三角系がモチーフでした。

 オタクが角材だ!と湧く中、生配信の前夜祭イベントで「横向きにして置いてグラスとかと並べたら可愛いんじゃない?」とか言い出す亀梨くん。

 持ちにくさについてはKAT-TUN側も認めていました(笑)

 

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2022 Honey

Honey ペンライト

 

 Honeyがテーマということで蜂蜜を連想させる可愛らしいペンライト。

 某夢の国にあってもおかしくないような可愛さのはずなのに、「なるほど、蜂の毒か……」とか思ってたオタクが多かったとか。

 思考が完全に毒されている(笑)

 

 

 

KAT-TUN LIVE TOUR 2023 Fantasia

Fantasia ペンライト

 

 2023年の最新ペンライト。

 武器感はないはずなのに、球体がくっついてるペンライトをすぐ鈍器に分類させるのはハイフンの悪い癖です。

 なんならこれで魔法とか繰り出せそう。

 

 

 

確かにKAT-TUNのペンライトはほぼ武器だった

 

 改めて並べてみると、確かにKAT-TUNのペンライトはほぼ武器でした(笑)

 

KAT-TUN歴代ペンライト

 

 もちろん可愛いものもありますし、一方でデザイン重視の持ちにくいものもあります。

 改めて見てみると、個性豊かなラインナップが並んでいてまるでKAT-TUNでした。

 

 ツアーごとに増えていくペンライト。

 なかなか日常での使用機会はありませんが、停電時に家にあったペンライトが明かりを確保するのに役に立ったという話がよくあります。

 お気に入りのペンライトは部屋に飾っておくことで、いざというときに使えるのでおすすめです。(白く光るものだと更に◎)


 戦闘能力が高く、デザイン性もあり、非常時にも役立つペンライト

 ツアーが終わると仕舞いっぱなしになりがちですが、たまには並べてみると色々思い出して楽しいですよ。

 

 他のグループも個性豊かなペンライトが数多くあるので、可愛さや面白さ、武器度、持ちにくさとかでジャンル分けしてみたら面白そうだなぁ。

 

あわせて読みたい

otakunosoubi.com

 

 

 

 

 

*1:KAT-TUNファンの通称